ホーム > Motor sports > China GP(Shangai)

China GP(Shangai)

2006 年 10 月 2 日 コメントをどうぞ コメント

Race Results

POS DRIVERS TEAMS GAP LAPS BEST TIME M SPEED
01  M. Schumacher  Ferrari 0’00”000 56 1’38”553 320
02  Alonso  Renault 0’03”100 56 1’37”586 313
03  Fisichella  Renault 0’44”700 56 1’39”332 317
04  Button  Honda 1’11”700 56 1’39”206 313
05  De La Rosa  Mclaren 1’16”700 56 1’39”149 315
06  Barrichello  Honda 1’18”600 56 1’39”749 307
07  Heidfeld  Bmw Sauber 1’31”400 56 1’39”164 309
08  Webber  Williams 2’06”500 56 1’39”907 305

予選から波乱のGPになる予感はしていましたが、やはり天気も不安定な状況…かなりチーム泣かせのコンディションだったように感じます。個人的にも注目していたのは、はやり引退会見をしてのしかかる何かを払拭したマイケル。予選はタイヤのせいかあまりポジションを上げる事ができませんでした。スタート後いくつかのポイントはあったものの、コンディションの変化によりジワジワと追い上げをしてみせ、最後にはトラブルを抱えたかに見えたアロンソを自力で交わしてラップリーダーに!最終賭けに出たアロンソも猛追するも時既に遅し…と言った、かなり見応えのあるGPでした。(うちの奥さんが言ってたくらいなんで)
最終的に優勝をGETしたマイケルはこれでチャンピオンシップ同点になり、残り2戦が重要なGPになりそうです。過去鈴鹿で決まる事もしばしばでしたが、今回は最終戦までもつれ込みそうですね!せっかくチャンピオンシップで同ポイントに並んだんで、マッサのリタイヤが悔やまれます。1ポイントでも取っていたら、「ダブル同ポイント!」なんて見出しもあったかも?いつの間にかホンダファンだった私も今期残りはマイケルのこれまでの功績に経緯を評し、最後の応援をしたいと思います。

カテゴリー: Motor sports タグ:
  1. コメントはまだありません。