ホーム > Motor sports > 皇帝も今年限りか…

皇帝も今年限りか…

ミハエルの引退については様々な所で噂されているが、今年が重要な鍵になるのかも知れない… フェラーリとの契約も今年いっぱいだし、次期ワールドチャンピオン候補と言われているキミ・ライコネンは様々なチームからオファーを受けているが本命はフェラーリではないか?とも噂されている。 そんな動向からしても、引退は落ちる所まで落ちるよりは、引き際が肝心なのかも知れない。 総合的に見ても今期フェラーリが優位に立てないと判断した場合は「引退説」が本物になるかも知れないだろう。 世代交代というキーワードが際立つ今F1界ならずともその動向は注目されているだろう…

カテゴリー: Motor sports タグ:
  1. コメントはまだありません。