ホーム > 未分類 > 謎の会合?

謎の会合?

2005 年 11 月 5 日 コメントをどうぞ コメント

自分でも良く分からないうちに参加していた会合、今回始めてその趣旨が分かった。
「ホッピーを飲む会」というのが本来の趣旨だったようで、私はそれさえ知らずに必然のように参加してた。通りで毎回居酒屋っぽい所か焼き鳥屋が多かったのは、今から考えるとうなずける。社内にはこのような良く趣旨が分からないうちに参加している会合がいくつかあるように思える。私は中年にも拘わらずだが、意外にもそれぞれの会合に知らずと参加している。普通中年層は若年層の飲み会にはお誘いが無く、それぞれに蟠りがあるわけでもなく当然のように層がわかれて楽しむ節がある。私もその中間年齢であればうなずけるのだが、はるかに超えているにもかかわず当然のように会に参加し打ち解けている。(あくまで本人主観)ある意味ありがたい好意だが、この所そのエネルギーに追従できない自分の老化をヒシヒシと感じる。私はいつまで若人に必要とされるのだろうか?

自慢のように受け止められる方もいるだろうが、私の視点は至って違うのです。
良く同年代よりは若く見られがちなキャラなんですが、おそらくその源はこのような若人層との過度の交流が原因かと推測している。私自身社会人ビギナーの頃は積極的に様々な飲み会を催す繰り返しを行い、社内での交流を求め続けてきたタイプで、若年層の彼らは今もその意気込みを私に変わり継続しているのかも?お情けの長老扱いで会に呼ばれているのかも知れない…

カテゴリー: 未分類 タグ:
  1. コメントはまだありません。