ブラジルGPを終えて

壮絶なGPでした。結果としてマイケルの逆転チャンピオンはなし得なかったけれど、個人的に心に刻まれるものは数々あったように思う。ここまで神は悪戯をするのか!と思うくらい予選からマイケルに集中するようにアクシデントがあり、なかば諦めかけていたんだが、彼はそれで終わる人物ではなかった。心からマッサの勝利を祝いその場から離れていったが、自身思うことも色々とあったんだと思う。これでマイケルに会えなくなると思うと寂しい気もするが、様々なものを残してくれた。

  • トラックバックは閉じられています
  • コメント (0)
  1. コメント 0

return top