アーカイブ ‘ 2004年 8月

インド帰りの逆襲

友人が海外出張から帰ってきた
しかも“インド”から…
昨日飲みすぎの外泊でヘトヘトだったのだが
まんまんと誘いに乗ってしまう
今晩は大雨だという天気予報を無視してまで
彼によると行った先のインドは
・食べ物はすべてと言って良いくらいカレーのみ
・トイレに紙が無く、横にフィンガーボールがある
 つまりは、手で拭くのだそうだ!
・女性と会話してはいけない
・基本全面禁煙、禁酒
…と、大雑把に紹介するとこのような事
まあ、大げさかも知れないが、限りなく真実だと言っていた
そのまま移住すると、かなり真面目に更生できるのでは?
と、皮肉を言っていた
このような話を具体的かつリアルに2時間あまり聞く
しかもお酒を飲みながら
途中までは、昨日の迎え酒として、なんなくいけていたが
後半は惰性と疲労で朦朧としていた…
一生懸命に話している彼には悪いが
結果としては、インドに対して悪いイメージを持つ事になる
本当にこでれで良いのだろうか?
loox720.jpg

外泊

昨晩ビヤーガーデンに言った事は知っていると思われるが
実はその延長線上に問題が発生していた…
ほどなくビヤガーデンを出たはいいが、少し物足りなさを感じ
世間で言うところの「二次会」へ突入したのです
べたですが、やはり燃焼するという意味ではベストな場所
時としてベストな場所が最悪になる場合もあるが…
個人的には結構ストレスが抜け、気持ち良く感じた
そこまではベストなシナリオだったんだが…
今回のメンバーで最終的に残っていたのが、若者だったのだ
こっちは結構おやじ君なんで、その時点でかなり満足しており
しかも終電前20分の事だった…
“久しぶりなんだからタマには最後まで付き合って下さいよ”
あ〜あ、なんて重たい一言なんだろ〜
あと10歳若かったら、グイグイ引っ張って行ったのに
逆に私は彼らに拉致されるように引きずられて行ったのだった…
はるかに終電を逃した私は、彼らの定宿のカプセルホテルに
封じ込められ朝を迎える事になる
年のせいか朝かなり早く目覚め、早朝から風呂⇔サウナの往復
スベスベの肌で、会社へ出勤する事となったのだ
影響で当日の午前中は脳が正常に回転しなかった…
と、本当は午後もロクに回転していなかったらいしいが…
(反省する)

ビヤガーデン日和

今日はビヤガーデン日和ですね… ってそんな分けない
雲行きも怪しく、夕方にはなんとも小雨がちらほら
さてさて誰のお陰なんでしょう?
それでも私は決まっている事なので、強風にあおられながらも
ひたすら冷たいビールを飲んでいた…
なんとも周りを見ても、結構寂しい状況
なんか去年の海の家みたいな感じで、少しブルーになった
とは言うものの、仲間と酒を酌み交わすのに
寒さは極端に影響しなかったのは「酒好き」なせいだろうか?

つばめグリル

ふとランチの日替りメニューを見ると… さえない
そうなると、ちょっと旨いものを食いたい衝動にかられる
ひとりで行くのもなんなんで不倫相手*1をお誘い…
旨いものといってもなぁ〜 と、考えてみると無性にある物
を食べたくなってしまった
そう、子供の頃憧れだったあの「ハンバーグ」だ
最近仕事も進展してなく、マンネリ化していたせいだろうか?
ふと、そんな衝動が体内に起きていた
オフィスの目と鼻の先にあったではないか!
ハンバーグと言えば「つばめグリル」でしょ!
なんて、考えより先に足はそちらへ向いていた
体が欲してたせいか、予想以上に満足できた
やっぱ「つばめグリル」だよね
*1
普通世間では友人というらしい?が、捻くれてる私は
勝手に彼女を不倫相手に指名している。
ただ言っておくと、二人には肉体関係は全く無いし
おそらくこれからも無いと言える。
友人と言うのが嫌で、捻くれて不倫と仄めかしている
[22日は彼女の誕生日だった]

玄箱が来た

玄人志向の玄箱が我が家にやって来た
噂には聞いていたが、忘れた頃の出来事である
実に現有マシンの容量も悲鳴を上げていて、願ったりかなったり
そういえば、TVチューナーつけて撮りっぱなしだったかも?
早速使ってみようと思ったが、HDDが無い事に気づく…
今日は触るだけだった
kuro-box.jpg

return top